保健師の求人募集が行われることが多い群馬の事業所を調べてみよう

保健師の求人募集が行われることが多い群馬の事業所は、保健所や保健センター、地域包括支援センター、民間企業など様々なところがあります。事業所によって、保健師の待遇や業務内容、役割などが大きく異なるため、求人選びをする際には自分の能力や適性、経験などを仕事上でうまく生かせそうなところを見つけることが重要となります。

(盛岡市で保健師の求人を探しているなら)


保健所の保健師は広域的な保健医療に関する仕事に携わる機会が多い

群馬の保健所に勤める保健師は、食中毒や感染症の予防や、公衆衛生、健康診断など様々な場面で専門性を発揮することが期待されています。保健所で正規職員として働くには、県や市の採用試験に応募をして複数回の選考に合格する必要があります。

そのため、興味がある自治体の採用説明会や職場見学会などに参加をするのはもちろんのこと、早い時期から学力試験や面接などの対策を立てることが大切です。一方で、非常勤の保健師については、一度の面接だけで採用が決まる自治体も少なくなく、ある程度の実務経験があればブランクがある人も現場で活躍することが可能です。

最近では、保健所内の人材不足の問題の解決に向けて、正規職員だけでなく非常勤職員の採用に力を入れている群馬の自治体も多くあります。

そのため、保健所の保健師の仕事内容について少しでも関心があれば、実際に保健所で長く働いている人に話を聞いたり、各自治体が主催する採用イベントに顔を出したりすることがおすすめです。

なお、自治体によって保健師が仕事上で求められる能力や経験が異なるため、採用試験を受ける前に分からない点を採用担当者に質問すると良いでしょう。

保健センターの保健師は専門性に加えてコミュニケーションスキルも必要とされる

群馬の市町村の保健センターに配属される保健師は、地域内の各家庭を巡回して乳幼児の健康状態のチェックや保護者の悩み相談、児童虐待の早期発見などに対応する機会が多くあります。また、日々の仕事の中で直接住民と接する場面があるため、保健医療に関する専門知識や技術だけでなく、コミュニケーションスキルが高い人が重宝される傾向が見られます。

保健センターの保健師の採用試験においては、対人コミュニケーション能力の程度を確認するため、複数回の面接やグループワークなどが実施されることもあります。そのため、保健センターの保健師として働くことを希望する人は、日ごろの生活の中で様々な立場の人と接するように心がけたり、自分なりにコミュニケーションスキルを磨いたりすることがおすすめです。

保健センターで初めから正規職員として働くのが難しいという人は、ある程度の期間非常勤職員としてキャリアを積む方法もあります。規模が大きい自治体においては、保健センターで地域保健サービスに従事する職員を対象に、仕事の合間に業務研修を実施したり、資格取得に向けた勉強会やミーティングなどを行ったりしているところもあります。

そこで、保健センターで自信を持って働くうえで、将来にわたりキャリアアップを図れる職場を選ぶことが重要です。

地域包括支援センターでは介護の資格や介護現場の実務経験が役立つことがある

群馬の各市町村にある地域包括支援センターの中には、介護保険制度や介護サービスに詳しい保健師の募集が活発に行われています。特に、社会福祉法人やNPO法人などの非営利団体が運営する地域包括支援センターの多くは、公的な補助金や介護保険の報酬を受け取っていることもあり、保健師として長期にわたり安定した収入を得ることが可能です。

地域包括支援センターの求人の応募条件は事業所ごとに異なりますが、ケアマネジャーや介護福祉士などの介護に関する資格を持つ人や、老人ホームやグループホームといった介護現場の実務経験が豊富な人は、理想的な待遇で働き始めることも可能です。

そのため、キャリアやスキルが役立つ地域包括支援センターの求人を探すために、早いうちから群馬の周辺の介護事業所の求人がたくさん掲載されている転職サイトをチェックしたり、介護関係の就職サポートに定評がある人材紹介会社に相談をしたりすることがおすすめです。

なお、群馬の周辺の地域包括支援センターは、介護施設と違って夜勤や残業の時間が少ないところが目立ちますが、職場によっては年末年始や年度末などに仕事が忙しくなることもあるため、一年を通じて無理なく業務に取り組めそうな事業所の求人に応募をすることが大切です。

民間企業では産業保健師として従業員の健康管理や職場内の衛生管理を任される

群馬の大手や中小の民間企業においては、従業員の健康管理や職場内の衛生管理の経験が豊富な産業保健師の求人募集が行われる機会が増えています。特に、製造業など従業員の怪我や疾病のリスクが高い企業においては、様々なトラブルを未然に防止する目的で、各部署内への産業保健師の配置に力を入れているところが目立ちます。

そうした中、医療や介護の現場ではなく、民間企業で保健師の知識や経験を活かしたい場合には、求人選びを通じてそれぞれの企業が扱っている事業の内容をしっかりと確認したり、保健師に期待される役割を把握したりすることがおすすめです。

また、産業保健師の待遇は、雇用形態や過去の実務経験の長さ、保有する資格免許の種類などによって違いがあり、時間を掛けて希望条件に合う職場を見つけることが大事です。その他、産業保健師の仕事の経験がない人は、不安なく業務に取り組むために、採用後に業務に直接関係する研修を受けられるかどうか調べておきましょう。

病院内の医療相談室でも保健師の免許や経験が役立つことがある

群馬の総合病院や大学病院などに設置された医療相談室では、社会福祉士や精神保健福祉士などの福祉関係の専門職ばかりでなく、保健師の力が必要とされることがあります。たとえば、医療保険制度について詳しい人や、病棟や外来で看護師として働いたことがある人は、医療相談室で自信を持って仕事をこなすことが可能です。

また、医療相談室の求人数は、病棟や外来と比べると少なくなるため、給料や休日、福利厚生などの条件が良い求人を見つけた時にはすぐに応募をするよう心がけることがおすすめです。

優秀な保健師を求めている群馬の職場は多い

群馬では、保健医療を中心に様々な専門スキルを持つ保健師を必要としている職場が多数あります。たとえば、自治体や医療機関、介護施設、企業などでの経験が豊富な人や、コミュニケーションスキルに長けた人は、魅力的な待遇で保健師として働けることがあります。

そこで、群馬の保健師求人が多く掲載されているサイトを利用したり、人材紹介会社に相談したりして、じっくりと自分の能力や経験に見合った職場を探すことが重要です。詳細:アポプラス|保健師 求人